会社設立@ナビ

会社設立@ナビ トップ > 事業年度

事業年度

事業年度を決める

事業年度とは、簡単に言えば会社の決算月をいつにするかで決まります。
事業年度については1年以内であれば期間を自由に決めることができますが、後述する公告の必要があることも考慮すると、1年単位とする例が多いです。

事業年度の開始時期と終了時期は特に決まってないため、個人と同じように1月から12月までとすることもできますし、上場企業などに比較的多い4月から3月という形にすることもできます。
そのほか、会社の業務の繁忙期や会計事務所の繁忙期を避けて決算が迎えられるように事業年度を設定している会社もあります。

注意すべき点として、会社設立日から事業年度の終了日までの期間が短すぎる設定は、できるだけ避けたほうが無難です。
なにかとすべきことの多い会社設立直後の時期に決算まで重なるのは大変です。
例えば事業年度を7月1日から翌年6月30日までとしておいて、6月1日を設立日としてしまうと、事業年度の終了する6月30日まで1ヶ月しかありませんが、それでも事業年度の終了後には決算の手続を行わなければならないのです。

以上のことを踏まえて、事業年度を決定してください。