会社設立@ナビ

会社設立@ナビ トップ > 資本金を払込む金融機関について

資本金を払込む金融機関について

資本金の払い込みをする金融機関は、特に制限がないため、近くの使いやすい銀行、信用金庫などでかまいません。
会社ができてからのメインバンクをどこにするかとは別の問題ですので、会社のメインバンクになる金融機関に払い込まなければならないわけでもありません。

払込み金融機関を決めたら、発起人の代表者名義の新規の口座を開設してください。
必ずしも新規の口座を開設しなければならないわけではありませんが、今まで代表者が使用していた口座をそのまま利用すると代表者のお金と会社の資本金が混ざってしまう危険性があるので、新規に口座を開設する方がよいでしょう。

この払込み金融機関は、定款に記載しなければならない事項ではありませんし、必ずしも新規の口座を開設する必要はありません。

なぜ新規に払込み金融機関に口座を開設することをお勧めするかというと、前述の通り代表者のお金と会社の資本金が混ざってしまう危険性のほかに、もう一つ理由があります。
登記を申請する際に払込証明書という書類を作成しなければならないわけですが、資本金の払い込みをする金融機関に新口座を開設したほうが払込証明書を作成しやすいのです。

以上の点から、資本金の払い込みをする金融機関に新規に口座を開設することをお勧めします。